千代田化工、プラント配管1000本を1分で自動設計【PlantStream】

千代田化工、プラント配管1000本を1分で自動設計【PlantStream】

2 ヶ月前  | 857 Views | 企業

AD:株式会社三幸

テックビジネスサービス株式会社

AD:プラント特区

AD:エンジニアネットワーク株式会社

バナー広告主募集

プラント特区

【PR】プラントエンジニアの転職に特化した求人サイト


千代田化工、プラント配管1000本を1分で自動設計【PlantStream】

タケ



タケです。

昨日ニュースサイトで知ったこの話題。
ちょっと興味深かったのですぐさまツイートしたところ、やはり皆さんからも結構な反響がありました。それだけ業界人にとって関心度が高い出来事だと思い、もう少し感想も交えながらこのブログでも取り上げてみようと今書き始めたところです。


千代田化工、プラント配管を自動設計 千本分を1分で日本経済新聞 電子版

千代田化工建設はプラントの設計業務を効率化するシステムを開発した。プラントの配管などに関わる空間設計をコンピューター上で3次元(3D)でこなし、設計にかかる業務量を最大8割削減する。職人に頼っていた複雑な空間設計を自動化して設計現場の生産性向上につなげる。

大型の液化天然ガス(LNG)プラントでは、気体や液体を運ぶための配管が数万本使われる。これまでは職人が経験を踏まえながら配管を決めていたが、…(ここから先はサイト会員限定記事ですので一旦省略。以下で詳細解説します)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63507470W0A900C2TJC000/

通常、プラントには数千〜数万本の配管が必要です。
たとえば、1000本の配管を設計するのに何ヶ月も掛かるのですが、これが今回のシステム「PlantStream」を使うと、たった1分で終わってしまうということなんです。数ヶ月だったのが1分です、1分。1000本ですよ!!

システムを開発したのはスタートアップ企業の株式会社アレント(東京・中央 https://arent3d.com)。千代田化工建設との折半出資で新しく「株式会社PlantStream」を設立し、共同運営を開始したということです。



一般的に、配管設計に関わる空間設計はプラントの設計業務全体の3割ほどを占め、このシステムを導入することで大幅な負担が軽減できるわけです。
今以上に操作性を改善し、2021年度より実用化するということです。

 

このYouTubeのデモ動画、是非見て下さい。
令和という元号がやっと新時代になったんだと感じた瞬間でした。



また、配管設計と同時に、必要となる資材の数量も計算できるそうで、顧客からの設計変更にも柔軟かつ迅速に対応可能。当然コストダウンにもつながるので、それに伴って受注力もグイグイです。

これまでも、これに近い自動設計、自動算出するシステムは3D CAD大手のHexagon社のsmart plant等がありました。正真正銘その対抗馬的存在として突如表れた「PlantStream」。

驚くのはこの開発元がスタートアップ企業であること。
イメージ的にプラント業界で活躍しているプレイヤーは老舗企業が多い感がある。そこで新しい役者がこんなスマートに登場するとは…。
まだ、スタートアップ企業同士ならわかる気もするが、それこそ老舗、千代田化工建設との協業となればその驚きも2倍3倍です。

ARENT

出典: https://www.wantedly.com/companies/arent3d

プラント設計は部外者からすれば未知な部分が多くて、高齢化が進み後継者問題に悩む業界としては、台風の如く、突風が吹いたような気がします。
マジでワクワクが止まりません。

 

そんなニュースでした。

ではでは。

タケ



AD:プラント特区

AD:プラント百景

 

                   

この記事が気に入ったら
応援してね!

最新情報をお届けします

                   

Twitterで毎日つぶやいてます!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

プラントエンジ御三家系の電気EPC技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ち、人材派遣会社のマネージャー職に転身。プラント業界が抱える高齢化の解決、主にエンジニア採用や企業広報を支援すべく起業。業界内の新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本ブログ『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。