原発オワリノハジマリ(東芝・IHI事業縮小、JV解散)

6 ヶ月前  | 1781 Views | 企業

 

こんにちは、タケ( @sm_takeuchi )です。

 

まずはこの記事から。

東芝とIHI、原発事業縮小 共同出資会社を解散へ(日経)

東芝とIHIは原子力発電所向けの機器を生産する共同出資会社を11月に解散し、清算する。
原発事業拡大を目指し2011年に設立したが、原発に対する世界的な逆風により工場は稼働率が低迷していた。
両社は原発事業を続けるが規模は縮小し、再生可能エネルギー関連など成長分野にシフトする。
欧州で先行した原発事業縮小の動きが日本にも広がってきた。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36651050Y8A011C1TJ1000/

 

 

最近このブログでもちょくちょくお題にしてきた『原子力発電』。

世間的にあまり良くないイメージが取り巻いてますが、日本の電力を支えてきた事もまた事実です。

 

引用元:経済産業省エネルギー庁「エネルギー白書2018」

 

そんな原子力発電が徐々に縮小傾向になっていってるのは知ってましたが、一体両社になにがあったのでしょうか?

 

 

それではいきましょう、プラント百景スタート!

 

 

PR

 

 

TIPS?

 

記事中のTIPSこと、IHI・東芝パワーシステム株式会社

2011年1月に設立されました。

 

名前の通り、東芝とIHIによる合弁会社です。

もともと両社は原子力発電の建設で密接な協力関係がありました。
合弁の目的は、最新IT技術を駆使してタービン用機器を高い品質で製造し提供。
もちろん東芝が受注する原子力発電建設向けに、です。

 

ん? 2011年1月?

たしか、東日本大震災が、・・・2011年3月

 

あぁ・・・。

 

記事にもあるように、設立直後の震災事故で状況は一変してしまいました。

 

 

 

東芝サイド

遡ること2006年。
アメリカ原子炉大手のウエスチングハウス社を三菱重工業との入札に競り買って買収していました、2016年に”超”巨額損失が発覚。
東芝を地獄まで突き落とした元凶といえる出来事でした。

政府の”原子力ルネサンス”に踊らされたのもありますが、その前の2015年の不正会計問題などで業態は悪化。
東芝存続のため、医療機器部門、半導体部門、白物家電部門、ノートパソコン部門の事業を次々に切り売り。

そして社運を賭けた原子力部門。
既に海外撤退は決めていますが、国内は既存設備の維持や廃炉のお仕事で当面はつないでいくそうです。

 

 

 

IHIサイド

これまで東芝に原子炉の部品供給していたIHI。
東芝が原発海外撤退やウエスチングハウス社売却など原発ビジネスに消極的になるものだから、活躍の場が少なくなってきました。

もちろん一緒に合弁会社まで作ったTIPSでのタービン部品の生産量も低下。
仕方なくトンネル掘進機部品などを作り工場を維持していましたが、すっかり連携の意味がなくなったわけです。

今後は原発事業の縮小と共に、バイオマスなどの再生エネルギーや、化石燃料ではない水素関係に軸足を移すとの事。

 

 

 

時系列にすると、

今回の話、時系列にするとこんな感じです。

 

2006年
日本政府 「日本も原子力発電の国にするぜ!ルネッサーンス!」
東芝   「よーし、じゃ2015年までに33基受注してやんよ!」



2011年(1月)
東芝    「IHI、原発ビジネス調子いいな、これからもよろしくな」
IHI   「おう!なんなら一緒に会社作っちゃおうぜ!」
東芝    「おーいいじゃん!そういやアメリカにいい会社あるから買ってくるよ」
三菱重工業 「東芝に競り負けた…涙」

 

同年(3月)
日本   ガタガタガターーーーー!
IHI  「!!!!!!」
東芝   「おー揺れたね、さて続きの原発つくるか。」
IHI  「・・・お、おう。」



2015年
東芝  「んーちょっと決算が発表できないです。(誰!内部告発したのっ!)」
IHI 「・・・。」

 

2016年
ウエスチングハウス 「大赤字デース!」
東芝    「!!!!
IHI   「・・・。」
三菱重工業 「ふぅ、あぶねーあぶねー」



2018年
東芝  「ウエスチングハウス売りました」
IHI 「・・・。」
東芝  「合弁会社、解散する?」
IHI 「うん。」
東芝  「とりあえず海外はヤメ。当面は日本の原発のお世話してるよ。廃炉もやんなきゃだし。」
IHI 「わかった。オレらもちょっとずつ原発やめて再生エネルギーや水素にシフトするよ。」

 

ってとこですかね。

 

 

 

 

 

PR

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで読んでくれた方、感謝。全てに感謝。

 

原発には賛否両論があって、いい面も悪い面もあって、正直タケ的にもちゃんとした意見を持っていません。

ただ、ずっと外野で言われ続けていた”脱原発”。
いよいよ本人達が何かを決意し、少し動き始めたような気がします。

 

ただ、もっと裏のお話はあると思います。
またその時にでも、新しい記事として書いてみます。

 

 

 

ちなみに

その他の日本の原発メーカーは、日立製作所三菱重工業があります。

現在、日立製作所はイギリス、三菱重工業はトルコで原発新設プロジェクトを順調に進めています。
(ちなみに三菱重工業と一緒にトルコ事業への参加を予定していた伊藤忠商事は離脱しました)

 

おしまい。

 

 

さて、最後に少し告知です!
プラント業界に特化した次世代転職サイト『プラント特区』はもうご存知ですか?

2018年夏にリリースし、既に多くの方々にご利用頂いております。
”求職者”と”企業”だけでなく、そこに”人材会社”も加え、3ユーザー間でのマッチングが実現、正社員だけでなく派遣人材さがせます。
PCだけでなくスマートフォンでも利用できるので、電車内でもトイレ中でもそのタイミングを逃しません。
比較的20〜30代の若手エンジニアを中心に利用されており、徐々に中堅・ベテランエンジニアにも拡大中。
相手とはチャット機能を使ったコミュニケーション、採否までが断然スピーディです。
===
非人事担当者も採用に参加できるため、ここにしか無い求人情報がたくさんあります。
求職者はもちろん、法人も登録料/月額利用料0円、成功報酬もかかりません(無料プラン)
あの有名企業も使い始めた『プラント特区』、よろしくです!
↓↓↓

 

 

それではまた、タケ( @sm_takeuchi )でした。

 

 

 

PR

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでプラント百景をフォローしよう!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

株式会社スーパーマーケッツ代表。プラントエンジ御三家系の設計技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ちはじめ、人材派遣会社のマネージャー職に転身。採用コストを極力投下しない究極の人材確保メソッドを日々研究する。2017年、各業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく株式会社スーパーマーケッツを設立。スタートサービスはこれまで経験したプラント業界に着目し、新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。 専門領域はデザイン/人事・採用/マーケティング/ビジネスプロデュース/雑談。