日揮、持ち株会社制に。え、純粋なの?

7 ヶ月前  | 3428 Views | 企業

 

こんにちは、タケ( @sm_takeuchi )です。

今年もハロウィンも終わって残すはクリスマスと源泉徴収票の記入ですね。
あぁ面倒だ面倒だ面倒だ面倒だ面倒だ。

 

ちょっと最近の時事ネタなんですが、こんな記事をみました。

 

日揮、持ち株会社制検討 エンジ各社が構造改革推進

 

日揮は会社を「持ち株会社制」にする方向で進めているようです。
スケジュールは来年10月。

大きくは、
1)海外EPC(インフラ部門とオイル&ガス部門)
2)国内EPC+日揮プラントイノベーション

に分社化される模様。
日揮は他にも日揮触媒化成や日本ファインセラミックス、日本エヌユーエスの大株主ので、こちらも当然傘下になるでしょう。

日揮自体は上記のグループ戦略機能と統括管理機能を担うようです。
つまり今回の持ち株制、「純粋」で進めるようです。

 

引用:http://www.jgc.com/jp/ViewPdf/financialSummary/2091

 

 

 

 

PR

 

 

で、持ち株制会社ってなによ?

持ち株会社には2種類あります。
・事業持ち株会社
・純粋持ち株会社

 

「事業持ち株会社」は、自分たちも何らかの事業を行いながら他の企業の株を持ちどちらも支配する。
まぁ昔からある日本経済のよくある普通の株式の保有方法ですね。

 

一方、「純粋持ち株会社」というのは、自分たちはグループの中核となるのですが、
自らの事業(日揮で例えるならEPC)は行わずに、他の企業を支配する事が主業務となり、持っている会社の配当が収入となります。

いわゆるそう、◯◯ホールディングス、とかいうアレですね。
ホールディング(Holding=保持、保有)とかが語源でしょう、たぶん、いや絶対。

 

 

普通「持ち株会社」といえば、この純粋持ち株会社を指すことが多いようです。
銀行や証券、保険、食品、新聞、小売など、いまやどの業界でも持ち株会社化されています。
この業界で言えばJXTGホールディングスもそれです。

 

日本は最近までこの純粋持ち株会社を認めてませんでした。
第2次世界大戦前まで日本経済を支配していた財閥を復活させないためで、
戦後は自由競争させるために財閥を解体しそれを禁止していました。
いわゆる独占禁止法ですね。

ところが1997年12月にこの独禁法が解禁されます。
時代の流れから持ち株会社の方が経営戦略上望ましいのでは、という声が産業界を中心に高まったからでした。

 

 

 

なぜ、持ち株会社化するのさ?

理由はその企業それぞれでしょう。
もちろん、組織再編することで利益的効果を目的としているのですが、一般的にはこう言われています。もちろん他にも理由はあります。

1)意思決定が早くなる
2)リスクの分散
3)M&Aの防衛
4)損金算入限度額がトータルで増える

 

「意思決定が早くなる」
傘下の企業に個々の事業を任せて効率化させる、まぁこれが一番でしょう。人事もそうですね。

 

「リスクの分散」
いくつかある傘下会社のひとつに損失があったとしても他の会社には影響が出ず、最悪その会社だけ売却もできる。

 

「M&Aの防衛」
ホールディングス傘下の事業会社は、実質的に外部による事業会社の買収は不可能になります。

 

「損金算入限度額がトータルで増える」
ホールディングス傘下の事業会社からの受取配当金について、その全額を不算入扱いとすることが可能です。

 

 

まぁ、こうやってメリットも多いのですが、もちろんデメリットもあります。

それぞれの会社で自己裁量が委ねられるので、都合の悪いことは親会社に隠すケースもよくあるようです。
また、経理や総務的なバックオフィス部門が重複するので全社コストが増加します。

 

 

 

 

PR

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで読んでくれた方、感謝。全てに感謝。

 

今回の日揮のHD化、同じような専業エンジニアリング会社はどう見ているのか知りたいですね。
またこういった動きが今後、他の会社にも見られるかもしれません。

 

プラント業界のパラダイムシフトが目に見えた瞬間かもしれませんね。
(パラダイムシフト:wiki/その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化すること)

 

 

 

さて、最後に少し告知です!
プラント業界に特化した次世代転職サイト『プラント特区』はもうご存知ですか?

2018年夏にリリースし、既に多くの方々にご利用頂いております。
”求職者”と”企業”だけでなく、そこに”人材会社”も加え、3ユーザー間でのマッチングが実現、正社員だけでなく派遣人材さがせます。
PCだけでなくスマートフォンでも利用できるので、電車内でもトイレ中でもそのタイミングを逃しません。
比較的20〜30代の若手エンジニアを中心に利用されており、徐々に中堅・ベテランエンジニアにも拡大中。
相手とはチャット機能を使ったコミュニケーション、採否までが断然スピーディです。
===
非人事担当者も採用に参加できるため、ここにしか無い求人情報がたくさんあります。
求職者はもちろん、法人も登録料/月額利用料0円、成功報酬もかかりません(無料プラン)
あの有名企業も使い始めた『プラント特区』、よろしくです!
↓↓↓

 

それではまた、タケ( @sm_takeuchi )でした。

 

 

 

 

PR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでプラント百景をフォローしよう!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

株式会社スーパーマーケッツ代表。プラントエンジ御三家系の設計技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ちはじめ、人材派遣会社のマネージャー職に転身。採用コストを極力投下しない究極の人材確保メソッドを日々研究する。2017年、各業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく株式会社スーパーマーケッツを設立。スタートサービスはこれまで経験したプラント業界に着目し、新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。 専門領域はデザイン/人事・採用/マーケティング/ビジネスプロデュース/雑談。