プラント業界に転職してわかったこと

6 ヶ月前  | 1204 Views | 就活

AD:株式会社三幸

AD:株式会社サンウェル

AD:プラント特区

AD:エンジニアネットワーク株式会社

バナー広告主募集

プラント特区


プラント業界に転職してわかったこと



こんにちは、kacchanです。

プラント業界に転職を考えている方に、他業界からプラント業界に転職してわかった事をお伝えしたいと思います!

【目次】
・プラント業界に転職してわかったこと その①
・プラント業界に転職してわかったこと その②
・世の中にとって大切なことをしていると実感できる!
・転職してわかったプラント業界の注意点
・まとめ:責任感溢れるやりがいのある仕事=プラントエンジニア

プラント業界に転職してわかったこと その①


プラント業界に転職したらまずはじめに思うことは、年齢層が高い!!

友人や知り合いに、「プラント業界に転職してみた感想は?」と質問されたれら、ほとんどの人が「年齢層が高い」や「若い人が少なすぎる」と答えると思います。

ネットなども、プラント業界の高齢化問題についてに関する記事が多いですが、高齢化問題は事実です。プラント技術者や職人さんの中には、若い人が少々いますが、プラントエンジニアなどは本当に若い人がいません。

これが、プラント業界に転職してみなさんがはじめに思うことだと思います。

高齢化問題が起きているということはチャンスがいっぱいある!

高齢化問題が、進んでいるという事は、プラント業界に転職したらチャンスが物凄く転がっているということにもなります!

競合率が高い若者に人気の職種よりも、仕事のチャンスをものにする確率が一気に上がります。

そして、若い内から任される仕事が多くなるので、スキルアップにも繋がってくるのでプラント業界の高齢化問題は、世代交代の前兆とも言えます。

今プラント業界に転職すれば将来高い役職が狙え、安定した生活が送りやすくなりますね。

プラント業界に転職してわかったこと その②


プラント業界に転職してわかったことは、給料が高いという事です。

ラント業界平均年収
・20代 420万円
・30代 520万円

プラント業界は、平均年収が高い設定になっています。

参考:プラント業界の平均年収、いろんな角度から比較してみた。

平均年収は、転職する事前に求人などでわかることですが、「どうせサービス残業とか休日手当とか付かないんでしょ?」と転職する前は思っていましたが、プラント業界は手当などしっかりしている企業が多いです。

仕事量に見合った給与が貰えているという感じです。

世の中にとって大切なことをしていると実感できる!

仕事をするにあたってやりがいを重視する人がいると思いますが、プラント業界は世の中のためになる仕事をしていると転職してすぐに実感する事ができます。

プラントエンジニアの職種は多岐に渡りますが、それぞれ世の中のためになる仕事です。

・土木系エンジニア
港湾施設や道路などの設計・施工・監理。

・化学系エンジニア
石油、商品、鉱物原料の製品化に基づく企画・構成・マネジメント

・電気系エンジニア
プラントへ電力を供給するシステムの構成。
プラント全体の制御システムの管理など。

・機械系エンジニア
プラント全体の設計または構成。
機械のメンテナンス、機械開発や設置も担当。

プラントエンジニアの代表する職種を紹介しましたが、これらはほんの一部。この他にもたくさんあります。またの機会にでも。

転職してわかったプラント業界の注意点

プラント業界は、高収入が見込めて新入社員にもチャンスがありますが、離職率も高めです。離職率が高いという事は、業界が合わないと思うかも知れませんが、実は同じ業界企業に転職している方も多いです。仕事が合わないというよりも会社が合わないと言った感じですね。

プラント業界の代表的な注意点をご紹介します。

①プラント業界は海外出張が多い

プラント業界は非常に海外出張が多い業界です。

海外が好きな人や、海外で働くことに対して特に何も感じない人は、出張手当も出るのでメリットしかないですが、日本で働き毎日家に帰りたいと思っている人にはデメリットでしかありませんね。

海外出張が嫌な方は、日本国内のみで活動している企業を探しましょう。

②一般的な工場だと思い転職しないように注意

プラントエンジニアはプラントの中で作業することが多いですが、先ほど説明した通り一般の工場と作業内容が異なります。

一般的な流れ作業ではないので、流れ作業が自分に向いていると思う方は、プラント業界に向いていない可能性があります。

③リーダーになったり任されるのが苦手な人は注意!

プラントエンジニアは、プラントで働いている外注さんに指示を出すことが多くあります。
グループのリーダーになったり、仕事を任されるのが苦手な人は注意が必要です。

プラントエンジニアは、プラント内の中心的役割を果たさないといけないので、グループの中心的になったり指示出しが苦手な方は、プラント業界に転職する前に注意点として覚えておきましょう。

また、プラントエンジニアはコミュニケーションも求められる仕事です。機械相手に仕事をするイメージが強いですが、人とのコミュニケーション能力も求められます。

まとめ:責任感溢れるやりがいのある仕事=プラントエンジニア

プラントエンジニアは、責任重大でやりがいある職業です。

手当はしっかりとしていて、高収入も狙える職種ですのでプラント業界に興味がある方は、転職してみてもメリットが多い職種だと僕は思いました。

余談ですがこの業界は結婚しづらい(出会いがない)職種とも言われてます。
僕の友人も「プラント業界に入ったから婚期を逃した!」と言っていましたが、あまり関係ないと・・・思います。



御社の広告掲載します

AD:プラント特区

                   

この記事が気に入ったら
応援してね!

最新情報をお届けします

                   

プラント百景「タケ」をフォローしてね!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

kacchan

この記事を書いた人

kacchan

建築業の経営経験あり。現在はライター&投資家として活動しています。