マキタの電ネコ「18V充電式運搬車CU180DZ」

4 週間前  | 284 Views | 調査

こんにちは、タケ( @sm_takeuchi )です。

今回も現場寄りの話。
ちょっと前からあったようなのですが、全然知らなくて、たまたま見た動画に衝撃を受けました。

マキタの充電式運搬車、いわゆる「ねこ」の電動タイプです。

マキタは電動ドリルや電動ノコギリなどが有名で、ホームセンターで見かけた人も多いと思います。

いまやラジオやコーヒーメーカー、掃除機など、バリエーションも豊富で、何がいいかって、やっぱりコードレスなこと。特に現場では活躍すること間違いありません。





充電バッテリーが共通仕様なので、付け替えるだけでいろんな器具が使えるようになります。

さてこの電ネコ、マキタグリーンも相まって見た目がかっこよくないですか?

手前にいつもの18V充電器を2個までセットできますが、1個で駆動します。

右手部には、電源オンオフ、速度切替、直進/後進切替ができる操作パネルがあり簡単です。

よーくみると下の方にLEDライトもついていて電源フル活用です。

運搬可能重量は130Kg。結構乗ります。

ネコといえば一輪車ですが、これは三輪車。安定して運ぶには良い機能ですが、ハンドルを持ち上げれば一輪にもなりますので、路面に合わせて運ぶことができます。(一輪アタッチメントもあります)

スペックです。
充電式運搬車CU180DZ:
【最大積載量】130kg
【最大登坂能力】12°
【走行可能距離】約7.2km
【バケット装着時寸法】1310mmx790mmx900mm
【最高速度・前進】3.5km/hまたは1.5km/h
【最高速度・後進】1.0km/h
【最小回転半径】1075mm(前輪を軸に回転した場合)

 

尺が短い目のYoutube動画もピックアップしてみました。



さて気になるお値段。
いつものようにAmazonで調べてみました。

バッテリー別売で10万円でした。



 

ちなみに、こういうタイプもあります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
いまだ現場では見たこと無いですが、ちょっと欲しくないですか。
(地味にキャンプにもいいなって思いました)

それではまた、タケ( @sm_takeuchi )でした。

 

 



 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでプラント百景をフォローしよう!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

株式会社スーパーマーケッツ代表。プラントエンジ御三家系の設計技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ちはじめ、人材派遣会社のマネージャー職に転身。採用コストを極力投下しない究極の人材確保メソッドを日々研究する。2017年、各業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく株式会社スーパーマーケッツを設立。スタートサービスはこれまで経験したプラント業界に着目し、新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。 専門領域はデザイン/人事・採用/マーケティング/ビジネスプロデュース/雑談。