イラン原油10月から輸入停止?JXTGなど3社。サウジも強気でハイオク200円あるかもよ。

2 年前  | 7106 Views | 私感


PR

株式会社サンウェル

AD:株式会社三幸

AD:共同エンジニアリング株式会社

AD:プラント特区

AD:エンジニアネットワーク株式会社

AD:プラント百景

AD:プラント百景


イラン原油10月から輸入停止?JXTGなど3社。サウジも強気でハイオク200円あるかもよ。

こんにちは、タケ( @p100k_take )です。

前々から言われてきたこのニュース、いよいよXデーが迫ってきました。

日刊工業新聞

イラン産原油、10月に輸入停止も 米制裁の適用除外困難

石油元売り各社によるイラン産原油の輸入が、10月に止まる公算が大きくなった。イランと対立するトランプ米政権は、11月5日からイラン産原油の輸入国に制裁を科す方針。日本は米国に制裁措置の適用除外を求めているが、米との協議は難航し、事態打開は極めて困難な情勢だ。

JXTGホールディングスや出光興産など元売り各社がイラン産原油の輸入を継続するには、タンカー確保などのため、9月上旬までに米国から制裁の適用除外を取り付けることが不可欠とされる。しかし、各国にイラン産原油の輸入停止を求めるトランプ政権は強硬姿勢を維持。経済産業省は元売り各社に「現時点で輸入継続が認められる可能性は低い」と説明している。

昨年の日本の原油総輸入量のうち、イラン産は5.5%を占める。元売り各社は、代替措置としてサウジアラビアやオマーン産の原油調達を増やす可能性を探っているが、ガソリン、灯油など石油製品の需給や価格に影響が及ぶ可能性もある。

JXTGホールディングスの担当者は「(輸入停止の)タイムリミットは迫っている」と説明。別の元売り幹部は「石油の安定供給に問題はないが、一度でもイラン産原油の輸入を止めれば、イランとの関係が悪化する」と懸念を示している。

(2018/9/2 07:00)

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00486975

ちょっと気になるこのニュース。

プラント業界で働く我々にとって、なぜこのようなことが起こったのか知っておくのも大事だと思います。

なので今回は、タケ式”中学生でもわかりやすいプラント講座”で進行してみたいと思います!

それではいきましょう、プラント百景スタート!

イラン核合意とイラン制裁

話は2002年に遡ります。

欧米「あれ?イランさぁ、ひょっとして高濃縮ウラン作ってんじゃね?」
イラン「へへ。医療用アイソトープ(放射性医薬品)作るのに原子炉稼働させたいんだよ!」
欧米「でもさぁ、それなら”低”濃縮ウランでよくね?」
イラン「・・・」
欧米「もしかしたらさぁ、こっそり原子爆弾作ってんじゃなくない?」
イラン「・・・」

アメリカ「ヘーイヘーイ、武力行使シヨウゼー」
ヨーロッパ「まぁ落ち着けよアメリカ。一回話し合いしようぜ、なぁイランよ。」
イラン「・・・」
欧米「おい、無視かよっ!!じゃーいいよ!」

というわけで欧米はイランに対して経済制裁を実行しました。ところが・・・

IS(イスラム国)「んだコノヤローーーーー!暴れてやんぜーーー!」

※イスラム国はイラクとシリアにまたがる地域で活動する過激派組織です。

アメリカ「ヘッ、向コウハタッタ1500人。ナラ、イラク軍二加勢シテ2.5万人デ対抗スンゾ」
IS「関係ねーぜーーー!来いやコラーー!!!!!」
イラク軍「やべー!ISハンパねー!撤退撤退!」

そうこのIS、めっちゃ強かったんです。

一方その頃、

ヨーロッパ「なんかノリで経済制裁始めちゃったけどさー、国際情勢ごと悪くなってなくない?ひょっとしたらイラン味方につけたほうが安定すんじゃね?どうするよ、アメリカ?」
アメリカ(オバマ)「シャーネーナ。条件付キデ核開発OKニシテヤンヨ。経済制裁モチョット緩メテヤッカラ、ソッチモアンマ暴レンナッテ言ットケヤ。」

そうしてイランは核開発を制限付きOKをもらい、経済制裁も解いてもらったのでした。これが「イラン核合意」。

ところが・・・

トランプ「ヘーイ!オレガ新シイ大統領ダゼーイ。ハ?イラン核合意?ソンナノ関係ネー!ハイ離脱。」

トランプ「ヘイ!ソコノジャパン。マタイランニ経済制裁スッカラ、オ前ラモイランカラ原油買ウナヨナー。」
日本「えー!オレらもかよーー!!!」←イマココ

で、日本の話。

日本の原油輸入量のうち約5〜7%がイラン産です。

日本の原油輸入量

元売り会社のイラン産原油の調達割合は、JXTGホールディングスやコスモエネルギーホールディングスは5~6%程度、出光興産もごくわずかとか。
代替措置としてサウジアラビアやオマーン産の原油調達を増やす可能性を探っているそうです。

ただ、代替調達によるコストの上昇分が石油製品に転嫁されれば、ガソリン以外にもいろんな物の価格上昇が考えられます。

結局のところ、トランプ政権存続のため(中間選挙前の支持を得るアピール。=イラクと対立するイスラエル派票獲得)に利用されてそうですが、それに日本も巻き込まれた感じと(勝手に)思ってます。

ぶっちゃけ日本は関係ないっちゃ関係ないんですが、まぁアメリカとの町内会的なしがらみもあって日本もそれにイヤイヤ従う感じですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで読んでくれた方、感謝。全てに感謝。

ここ最近のレギュラーガソリンの都道府県平均は146.円前後。

レギュラーガソリンの都道府県平均

ここ数カ月は少し下がり傾向でしたが、今後はこのあたりも要注目です。

あと、これによってイランから輸入を増やそうとしている中国が一番得するってウワサです。

それではまた、タケ( @p100k_take )でした。

AD:プラント百景

AD:プラント特区

                   

この記事が気に入ったら
応援してね!

最新情報をお届けします

                   

プラント百景「タケ」をフォローしてね!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

プラントエンジ御三家系の電気EPC技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ち、人材派遣会社のマネージャー職に転身。プラント業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく起業。新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。