日本の石油の消費量は、1日あたり◎◎◎リットルだった!という話。

10 ヶ月前  | 5547 Views | 調査

 

タケ( @sm_takeuchi )です。

まぁ元気です。

 

 

まずはこんなニュースから。

川崎市に水素プラント 千代田化工などが整備
千代田化工建設など4社でつくる「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD)」は、発電に用いる水素プラントを川崎市に建設する。水素を化学反応させた液体から水素だけを取り出して発電に利用する。2020年に実証事業を始め、二酸化炭素(CO2)の排出削減につながる水素の安定輸送のノウハウを蓄積する。(以下省略)
引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36384780R11C18A0L82000/

 

 

千代田化工建設はこれまで石油・LNGプラントエンジニアリングに(もちろんそれ以外も)圧倒的な強みを持っていましたが、数年前から水素エネルギー分野にも取り組んでいます。
中期経営計画「未来エンジニアリングへの挑戦」を策定し、「エネルギー」「地球環境」「デジタル」の3分野に集中し、新しい世界トップランナーのエンジニアリング総合サービス事業会社を目指しています。

そう、日本の、いや世界のプラントエンジニアリングを牽引してきた千代田化工建設でさえも従来の石油分野から、新しいエネルギーにシフトしつつあります。

 

ご承知のとおり、石油資源には限りがあり、ものすごいスピードで消費され、近い将来に枯渇してしまうと言われています。

今回はそんなお話です。

 

それではいきましょう、プラント百景スタート!

 

 

PR

 

 

 

日本は何位?

 

こんなデータがあります。

1日あたりの石油の消費量の多い国

順位 国名 消費量(バレル/日量)
1 アメリカ 1988万
2 中国 1279.9万
3 インド 469.0万
4 日本 398.8万
5 サウジアラビア 391.8万
6 ロシア 322.4万
7 ブラジル 301.7万
8 韓国 279.6万
9 ドイツ 244.7万
10 カナダ 242.8万
引用元:https://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/oil_ex.html

 

日本は世界第4位で398.8万(約400万)バレル。
国土面積から考えると日本ってすごくないですか?

 

バレルの単位が分かりづらいと思いますが、大体1バレル=約160リットルです。
その昔(@アメリカ)、原油を樽に詰めて運搬していて、その原油の単位を樽数で数えていました。
ドンキーコング(@任天堂)が投げている樽が1バレル160リットルというわけです。

つまり、
4,000,000バレル×160リットル=640,000,000リットル

日本は1日あたり640,000,000リットルの石油を消費していたことになります。

 

これはこれで桁が多すぎて分かりづらいですよね。
では日本ではおなじみ、東京ドーム換算です。

 

東京ドームの容積は124万m3です。


引用元:https://www.tokyo-dome.co.jp/dome/

 

検索してみましょう。↓↓↓

 

この容積をリットルに直すと124,000,000リットルとなります。
で、さっきの1日の消費量を当てはめて、、、

消費量640,000,000リットル÷東京ドーム124,000,000リットル=5.16129…

つまり、東京ドーム5杯分を1日で使っていたということですね。

 

5杯!

 

すごくないですか?日本でだけですよ。

1週間で35杯!
1ヶ月で150杯!!
1年で1,800杯!!!
すごくないですか?

逆に24時間で考えると、1杯あたり約5時間!
すごくないですか?

なんか「もうすぐ石油はなくなる」って言われてるけど、毎日毎日こんなに使ってたら、「まだまだ余裕あるじゃん!」って思いません?

 

 

 

残量どんだけー?

以前、オイルショックのときには「あと30年でなくなる」って言われてました。
そういや、オイルショックを知らない世代も増えてきましたね、1973年頃の原油価格が大高騰した出来事です。

もう、とっく(※)に過ぎた過去の話なのですが、あれは一体何だったんでしょうか?
(※とっくといえば、弊社が運営している次世代リクルーティングサイト「プラント特区」、どうぞよろしくです!)

 

実は過去にはこの様な研究結果(噂?)がありました。

・1973年→あと30年(2003年)でなくなるよ!
・1987年→あと42.4年(2029年)で絶対なくなるよ!
・2011年→54.2年(2065年)でリアルガチでなくなるよ!ヤバイヨヤバイヨ!

 

・・・結構延びてますね。

 

いつの時代も「石油はもうすぐ枯渇するぞ」といわれ続けながらも、こうやって年月が延び続けているのも事実。

 

実はそれにはこんな理由があります。

【石油無限説】
石油は古代生物の大量の死骸が、長い年月をかけて石油となると言われています。
しかしそうではなくて、地球の地底に存在するマグマが化学反応をおこして精製されてんじゃないの?というもの。
これが本当ならスゴいことなのですが、まぁ無いかな・・・っていう説ですね。

【新しい油田の発見】
1987年以降、世界では次々に新しい油田が発見されています。
特に深海探査技術が飛躍的に向上し、これまで以上に新しい油田が発見されたことによる「もうちょっと先があるぞ、っていう理由。

【節約】
「石油がなくなる!」という危機感から、世界的に節約し始めました。
低燃費自動車の開発とか、クールビスとか、エコバック持とうぜ!とか。

【代替エネルギー】
例えば植物を原料とするバイオマスのほか、太陽光や太陽熱、風力、波力、潮力、地熱などが挙げられる「新エネルギー」
さらに新しいエネルギーの開発、例えばシェールガスなど。

ただ、シェールガスも石油っちゃ石油です。
従来の石油は、岩中に溜まった石油が地中に滲み出たものを汲み取っているものに対し、シェールガスはその岩中にある石油を採ろうっていうものです。
まったく違うエネルギー資源と思っている人も多いと思いますが、そもそも同じものっていう事実はあまり知られていないかも。
この発見が、「石油がもっとあるぞ!延命できるぞ!」っていう大きな理由です。

これからもまだまだ発見されるかもしれません。

 

 

PR

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで読んでくれた方、感謝。全てに感謝。

 

とにかく、思った以上に使いまくっている石油。
すごいスピードで消費されてます。
こんなデータ見せられたら、オレ一人節約したって。。。ってくらいのレベルです。

冗談です、頑張って節約しましょう!

 

 

 

 

さて、最後に少し告知です!
プラント業界に特化した次世代転職サイト『プラント特区』はもうご存知ですか?

2018年夏にリリースし、既に多くの方々にご利用頂いております。
”求職者”と”企業”だけでなく、そこに”人材会社”も加え、3ユーザー間でのマッチングが実現、正社員だけでなく派遣人材さがせます。
PCだけでなくスマートフォンでも利用できるので、電車内でもトイレ中でもそのタイミングを逃しません。
比較的20〜30代の若手エンジニアを中心に利用されており、徐々に中堅・ベテランエンジニアにも拡大中。
相手とはチャット機能を使ったコミュニケーション、採否までが断然スピーディです。
===
非人事担当者も採用に参加できるため、ここにしか無い求人情報がたくさんあります。
求職者はもちろん、法人も登録料/月額利用料0円、成功報酬もかかりません(無料プラン)
あの有名企業も使い始めた『プラント特区』、よろしくです!
↓↓↓

 

 

それではまた、タケ( @sm_takeuchi )でした。

 

 

 

 

 

 

PR

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでプラント百景をフォローしよう!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

株式会社スーパーマーケッツ代表。プラントエンジ御三家系の設計技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ちはじめ、人材派遣会社のマネージャー職に転身。採用コストを極力投下しない究極の人材確保メソッドを日々研究する。2017年、各業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく株式会社スーパーマーケッツを設立。スタートサービスはこれまで経験したプラント業界に着目し、新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。 専門領域はデザイン/人事・採用/マーケティング/ビジネスプロデュース/雑談。