【出張】横浜〜神戸を1600円で行ってみた【バス】

2 年前  | 8588 Views | 体験

banner

banner

 

こんにちは、タケ (@sm_takeuchi) です。

年末ですね。



あなた「ふぅ、もう21時かぁ。今日も残業頑張った、もう帰って寝よ」

プルルル・・・プルルル・・・(電話)

現場 「もしもし、○○さん?」
あなた「どした?」
現場 「どうやっても試運転上手くいかないんだけど、明日現場に来てくんない?」
あなた「え、まじで?」
現場 「頼む!これお前しかわかんないよ。って言うかお前が設計したヤツだぜ!」
あなた「・・・わかったわかった、明日行くよ。」
現場 「あさっての引き渡し間に合わないから朝イチでっ!」
あなた「・・・え」



さぁあなたならどうしますか?
例えば横浜〜神戸くらいの距離だったら?

今回はそんな現場あるあるのお話です。

それではいきましょう、プラント百景スタートです!

PR

比べてみた。

飛行機 :
ANA411便(羽田空港−神戸空港)
横浜5:04→三ノ宮8:34(28,700円)

新幹線:
ひかり493号(新横浜駅−新神戸駅)
横浜5:36→三ノ宮8:49(14,280円)

車:
マイカー+高速道路(横浜駅東口IC−生田川IC)
横浜22:00(前日)→三宮5:30(8,780円+4,420円=13,200円)
※高速料金8,780円
※509.7km、燃費15.0km/L、ガソリン130円/L →→→ ≒4,420円
※30分休憩3回

夜行バス:
たびのすけ1号(YCAT−三宮駅前)
横浜23:40(前日)→三ノ宮8:00(1,600円)

まとめると、

【飛行機】 28,700円(8:34着)
【新幹線】 14,280円(8:49着)
【マイカー】13,200円(5:30着)※前夜発
【夜行バス】 1,600円(8:00着)※前夜発

みなさんならどれを選びますか???

バスやっす!でも・・・

出張だと会社経費で行けるのであまり気にしないと思いますが、ズバ抜けて”夜行バス”が安いです。
旅好きのタケはプライベートでよく使うのですが、みなさんは夜行バスってどんなイメージありますか?

・疲れないの?
・ちゃんと寝れるの?
・お尻痛くならないの?
・酔わないの?
・狭くないの?
・弁当食べていいの?
・トイレってどうなってんの?
・本当に事故んない?

ですよね、なんとなくわかります。
それでは予約するところから到着まで順に説明していきますね!

予約はかんたん。

予約方法のほとんどがネット予約です。
それぞれのバス会社が自社サイトで予約受け付けしているほか、楽天トラベルやYahoo!トラベルなどの旅行総合サイトもあります。

タケがよく使っているのは「高速バス比較」というスマホアプリ。

※2018年10月現在は『バス比較なび - 日本最大級の高速バス比較アプリ』という名前になっていました。

↓↓↓

行き先と日時を入力すると、いろんなバス会社の中から最安値便を探してくれる便利なもの。
もちろん他にもたくさんアプリやWEBサイトがありますので色々探してみて下さい。

で、今回行くのは、12月7日(木)朝8時に神戸三宮到着。
なので前日の12月6日(水)出発するバスですね。
(記事アップするのが遅くなってなんかスミマセン)

↓↓↓

はいありました!

おぉ マジで1,600円!!これこれ。

この表を見るとわかる通り、週の半ばが安くって週末が高い。
特に金曜便が一番高いようです。
年末はさらに高くなってますがそれでも8,500円。

では予約に進みましょう。

残9席でした。これに決めましょう!

ちなみに、タケは横浜から乗りますが始発は東京駅で、道中、京都や大阪にも停車します。
この区間内であればどこで乗ってもどこで降りても一律 1,600円。お得です!

連絡先など必要事項を入力して、はいこれで予約完了。ベリーかんたん。

支払いは、クレジットカード決済とコンビニ払いがありました。
※乗車時の現金支払いはたぶんどこのバスもやってないと思います。

乗車

自分が乗るのは横浜(YCAT)から。

YCATとは、”横浜シティ・エア・ターミナル”っていう空港バス・連絡バス・高速バスなどの大きな乗り降り場があって、横浜駅から歩いてすぐのところにあります。

夜は遅いけどバスを待つ乗客はこの奥にたくさんいます。(でも待合イスがとても少ないのが難点です)

タケの乗車便は23時40分。ちょうど同じくらいの時間帯で同じ行き先の他社バスがありました。

始発は東京駅からなので、YCATに停車してる時間は短いです。
YCAT係員が、到着する5分前くらいに呼び出ししてくれて、そのバス乗り場へ誘導してくれます。(バス会社の係員はいません)

夜は渋滞が少ないようでこれまで大幅に遅れて到着したバスはこれまでなかったです。
逆に早めに到着したとしても、早く出発することは無いのでご安心を。

では乗車しまーす。

では乗車しましょう。(この時に初めて座席番号を教えてくれます。一応WEB予約の時に窓側/通路側のリクエストでいます)

もちろん大きな荷物も預けられます。

車内はこんな感じです。シート間隔は新幹線よりも断然狭いです。

車中

※車内撮影NGなので写真少なめです。っていうか無いです。

今は年末の12月。冬なので一応暖房は効いてますがこのあと徐々に冷え込んで来るので防寒対策は必要です。
あまり暖房を強くすると気分が悪くなる人もいるからなのか温度設定はやや弱めです。

一応バスタオルより少し大き目のブランケットが1人づつ用意されていますよ。

この先は長い道のりなのですが、トイレ休憩は何回かあります。
まずはじめにあるのが乗車して30分位で海老名SA。

YCATから乗るとすぐに着いてしまいます。
休憩時間は15分〜20分位なので食事する時間はありません。

このあとしばらくは停車しないので、ここで少しだけでも出せる分だけ絞り出しておきましょう。

そしてまた走り出します。
ここからは車内の照明も消えて、就寝時間となります。

終始車内は走行音だけの静かな空間。
お腹が空いたとしてもすぐに匂いが充満してしまうので何か食べるのはやめましょう。
スナックやチョコレート類もNGです。たぶん禁止はされてませんが”まわりの迷惑”という意味で。

つまり飲み物だけになるのですが、あまり飲みすぎるとトイレ問題に直面するので最小限に。
ただ弱いとは言え暖房は効いているので車内は乾燥してます。この辺の調整が難しいところですね。

ちなみにタケはこんなグッズをいつも使ってます。

なんか良いバスは加湿器とかあるらしいけど、タケがいつも使う格安バスさんは寒い&乾燥&騒音の三重苦に苦しめられます。そういう時は濡れマスク&蒸気アイマスク&ノイズキャンセリングヘッドホンがあれば最強。

では時間になりましたので、再び出発!





1時間経過。

・・・あぁ、あぁ・・・もうお尻痛い。

観光バスよりかはいいですが、そんなに快適なシートではありません。
足元も狭いので足の組み換えも簡単じゃないです。前の人が背もたれをMAXで倒されると完全に動けません。
固まった状態で座っているのでお尻はもちろん、体中が徐々に痛くなってきます。

これも個人差があって、タケは弱い方なんですが全然平気な人もいるようです。

あとこれは運次第なのですが、隣の人・近くの人が怪獣のようないびきの人が結構いい確率でいます。これはもう寝れません、あきらめましょう。

もうひとつ。
体が痛かったり、眠れなくなるとどうしても時間が経つのが遅く感じます。
退屈しのぎにスマホをいじりたくなる気持ちはわかりますが、暗闇にスマホの光はめちゃめちゃ眩しいです。
まわりの人の睡眠の邪魔になるので我慢しましょう。

つまり、

先に寝た人勝ちです。

なるべく乗車前に睡眠を取らないことがコツかもしれませんね。

では、到着までおやすみなさい。

ひたすら座り続ける




2時間経過



3時間経過



4時間経過



5時間経過


到着

まずははじめの到着地、京都長岡京に5:40。
それから大阪梅田6:30。
どちらも定刻通りです、さすがジャパンクオリティ。

京都では降りる人が少なかったのですが、大阪で半分以上の人が降りて行きました。

タケの隣の人も大阪で降りたので、ここから先は2席分を有意義の使うことができます。
ちょっとうれしい時間です。イエーイ、イエーイ!




6時間経過



7時間経過


そして終点、神戸三宮に到着。ここも8時ちょうどです!

車内はずっとカーテンが締め切られているので暗闇から一瞬にして違う世界へ。

YCATでほぼ同じ時刻に出発した他社バスも到着していました。

ちなみにバス停はこの辺でした。

いやーこの開放感、たまりません!
いつも人通りの多い駅前もまだ少なく”これぞ早朝”って感じでちょっと気持ちいいです。

はい、そして歩いてすぐにJR三ノ宮駅。

PR

まとめ

横浜を出発して約8時間。
新幹線と比較して掛かる時間は2〜3倍。
だけど値段は新幹線だと約14,000円、バスは1,600円と1/10程度。

差額は12,400円!
往復で24,800円!!!

交通費を領収書精算する会社だとちょっとむずかしいかもしれませんが、そうでもなければこれってムフフ♪ですよね。

特にガマン強い人にはオススメします。
もちろん今回のように横浜-神戸だけじゃなくって、日本全国色んな所から出発して、色んな所に発着停留所があります。

席も横4列(2:2)じゃなくってもう少し高くなるけど、横3列(1:1:1)の広々としたものもあります。
横4列を2席購入したって3,200円。そうするとちょっと狭いですが横になって独り占めして寝ることも可能です。(実際います)

初めてだとちょっと辛いかも知れませんが、何回か利用経験すると自然と体も慣れてきます。

利用客のほとんどはプライベートのようですが、中にはサラリーマン風の人も混ざってます。

プラント業界は職業柄、地方への長期出張、単身赴任も多いですよね。
出張じゃなくって、月1回だった週末の帰省も月2回になるかも知れません。
早朝に到着できるので、日曜の夜ギリギリに乗って月曜朝に普段通り出勤することも可能です。

いろいろお得な夜行バス。
これを見てちょっと使ってみようと思ってもらえたら幸いです。

さて、最後に少し告知です!
プラント業界に特化した次世代転職サイト『プラント特区』はもうご存知ですか?

2018年夏にリリースし、既に多くの方々にご利用頂いております。
”求職者”と”企業”だけでなく、そこに”人材会社”も加え、3ユーザー間でのマッチングが実現、正社員だけでなく派遣人材さがせます。
PCだけでなくスマートフォンでも利用できるので、電車内でもトイレ中でもそのタイミングを逃しません。
比較的20〜30代の若手エンジニアを中心に利用されており、徐々に中堅・ベテランエンジニアにも拡大中。
相手とはチャット機能を使ったコミュニケーション、採否までが断然スピーディです。
===
非人事担当者も採用に参加できるため、ここにしか無い求人情報がたくさんあります。
求職者はもちろん、法人も登録料/月額利用料0円、成功報酬もかかりません(無料プラン)
あの有名企業も使い始めた『プラント特区』、よろしくです!
↓↓↓

それではまた、タケ (@sm_takeuchi) でした。

おまけ

帰りは新幹線です!!

PR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでプラント百景をフォローしよう!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

タケ

この記事を書いた人

タケ

株式会社スーパーマーケッツ代表。プラントエンジ御三家系の電気EPC技師として国内・海外を20年間飛びまわる。役職が上がるにつれ働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ちはじめ、人材派遣会社のマネージャー職に転身。採用コストを極力投下しない究極の人材確保メソッドを日々研究する。2017年、各業界が抱える高齢化や人材不足の解決、さらなる活性化を支援すべく株式会社スーパーマーケッツを設立。スタートサービスはこれまで経験したプラント業界に着目し、新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本サイト『プラント百景』や人材マッチングサイト『プラント特区』を手掛ける。 専門領域はデザイン/人事・採用/マーケティング/ビジネスプロデュース/雑談。