プラント現場の今後について

1 ヶ月前  | 228 Views | 私感

banner

プラント特区ADバナー

プラント特区ADバナー


プラント現場の今後について



今回2回目の記事になります。saitoです。

私は一応プラント業界の経験者ですが、作業員の立場がメインです。
なのでそういった立場から見たプラント業界についての記事になります。

今回のポイントは「プラント現場の今後について」です。
今後どうなっていくのか、これからプラント業界に入ろうとしている方は知りたいところですよね。

この記事では、プラント現場は今後どうなっていくのか、問題点はなんなのか。
そのへんを私の予想とあわせてまとめてみました。

【目次】
・人材の確保について
・外国人労働者の参入
・未来を見ている?若者たち
・まとめ

人材の確保について

人材の確保について

どんな仕事でも人材の確保は大切だと思います。もちろんプラント現場も同じです。私は以前、人材を派遣するお仕事をさせてもらっていたことがありますが、その当時から「若い人が圧倒的に少ない」と常に感じていました。

 

人材の確保をする際に、高齢の作業員さんが偏ってしまったりしないよう、注意しながら人材の確保に努めましたが、これが至難の業です。
求人募集にいろんな手法を取り入れてみたり、同業者とのつながりを深めてそこから人材を確保してみたり。

しかし、今後が期待できるような若い作業員さんにめぐり合うのは本当に難しいことでした。

そして現在の日本では、IT関係などの職種が人気になってきています。今の学生たちの「なりたい職業ランキング」で上位をIT関係が占めているということは、私が人材を確保しようとしていたときに比べて、さらにプラント業界に興味を持つ若者が少なくなってくることが予想できます。

 

これを解消していくのは大変ですが、実際いまのプラント関係の求人などは「未経験OK」や「資格取得サポート」といったような未経験者でも受け入れる体制が整ってきています。(というより、整っていない企業は人材確保が難しいと思います)

外国人労働者の参入

外国人労働者の参入

私は、人材の確保や派遣業務をする前は、実際に現場に出ていたことがあります。その中で外国人労働者の人と知り合うことがありました。

彼らはとてもまじめで、どんな仕事も一生懸命やる印象があります。言葉はたまに通じなかったりもしましたが、仕事に支障が出る範囲ではありませんでした。

 

ぶっちゃけると、私と一緒に現場に出ていた日本人の仲間より、よく働いているのでは?とも思ってしまいました。
これは私の予想ですが、今後のプラント内作業を含む「現場作業」には外国人労働者が多く参入してくるのではないかと思います。

 

私には東南アジアから日本に出稼ぎに来ている友人がいるのですが、その友人の母国での収入は月給で2万円弱らしいです。それを考えれば日本での仕事はやりがいがありますよね。
私の友人は定期的に日本に出稼ぎに来るんですが、そのときは昼も夜も働いて一気に稼いで母国へ帰っていきます。

今後こういった外国人労働者の受け入れを充実させることで人材不足は解消されていくのではないかと思ったりしています。

プラント特区ADバナー

未来を見ている?若者たち

プラント業界というか日本そのものはどう変化しているのか?という問題があります。


こちらのツイートを見ての通り、今の日本の中学生は「YouTuber」に夢中です。それ以外にもゲームクリエイター、プログラマーなどIT関係の職業が人気のようですね。そして5位には「社長」。

現在はインターネットやSNSの発展により、一般人が簡単に情報発信できる時代になりました。
その中には「終身雇用の時代は終わり」とか「個人で稼いだほうが稼げる」とかいう情報が溢れています。

たしかに個人で稼いだほうが効率は良いかもしれません。
そして個人で稼ぐ方法を発信している人も間違ったことは言ってないでしょう。(悪意がある人も存在しますが)
しかし、そこまで行くハードルはめっちゃ高いです。
この点の情報を発信している人は、なぜか少ないですね。

現在のインターネット社会は、ハッキリ言って「情報過多」です。
この飛び交う情報の中を生きている今の学生たちは「YouTuberって稼げるかも」とか「社長になればいいんじゃね?」とか考えてしまうんでしょうね。

まとめ

今回はプラント現場の今後についてまとめてみました。
プラント現場にかかわらず、といった感じになってしまいましたがポイントをまとめていくと

● 若者たちの現場離れは深刻だが、受け入れ態勢は整いつつある
● 外国人労働者の受け入れも必要なのではないか

といった感じになります。

私が若い頃は、情報が少なくて困っていました。しかしそのせいで、逆にいろいろな経験をすることが出来ました。
今のインターネット社会では、情報が多すぎて困っている人が多い気がします。
情報に振り回されて行動できないのは、とてももったいないことです。

 

何かに興味があるのなら、情報に振り回される前に、とりあえず行動してみましょう。もしあなたがプラント業界に興味があるのなら、一度経験してみることをおススメします。



プラント特区ADバナー

                   

この記事が気に入ったら
応援してね!

最新情報をお届けします

                   

プラント百景「タケ」をフォローしてね!

プラント百景

プラント百景は、求職者も業界関係者もプラント業界が10倍楽しくなるリアルな情報をお届けします!元エンジニアの専属ライターが独自の視点でオリジナル記事を配信するプラント業界の魅力発信ウェブマガジンです。レポートして欲しい事や取材依頼も随時募集しております!

saito

この記事を書いた人

saito

プラント内作業を約3年間経験後、人材派遣業にシフト。現在は、人材派遣業のアシスタントをしながらWebライティング活動中。