私感

プラントエンジニアが「円安怪しくない?」と思った時に知っておくと便利なこと

タケ
Sponsored Links
エンジニアネットワーク株式会社
バナー広告募集

プラントエンジニアが「円安怪しくない?」と思った時に知っておくと便利なこと

タケ
タケ

安いと高くなるってなんなの?

こんにちは、タケ( @p100k_take )です。

每日耳にする、円安。
世界情勢は、新型コロナやウクライナ有事、上海ロックダウンなども関係し今までにない円安が進んでいます。プラント業にも多大な影響を与え始めている円安はメリットもあれば、デメリットもある。材料不足や高騰化と重なった円安。
今回はプラント業に焦点を当てていこうと思います。少しでも参考になれば幸いです。

それではいきましょう、プラント百景スタート!

円安って

まずはこれから理解しないと難しくなるのですが、「えんやす」って読みます笑。

日本円を外国のお金と比べた時に使います。
日本円を海外通貨に両替した時に日本円が安いのか・高いのかを示すもの。

例えば、昨日まで1ドル=100円でした。ところが今日150円になってました。今までは100円で買えたものが150円になった・・・、さらに例えばで、アメリカ旅行で1ドルで売ってたドーナツが、昨日まで100円計算だったのに今日は150円出さなきゃ買えないってこと。つまりアメリカで日本円ナメられてる→日本円の価値が下がった→『円安』。

一瞬、100円から150円に『数字が上がったから円高でしょ』って思いがちですが『日本円の価値が下がったから円安』が正解です。

(・・・これ自分で書いてても混乱するな)

円安のほうが都合いい人もいる

しかし、円安で得する人もいます。
海外のものを買うと高いのですが、海外の人に売って(=輸出)支払ってもらった外貨を日本円に戻すと得しちゃいます。

例えば、定価100ドルに設定した日本製の腕時計をアメリカで売るとします。さっそく売れました。その100ドルを持って銀行に円に両替しに行くと昨日は10,000円だったのに、今日はびっくり15,000円!!。こんな感じです。

ここから本題

世間的には円安で生活が苦しくなる事がクローズアップされてますが、これは海外製品や海外材料を輸入した時に多く払わなければならないからで、これが値上げの原因。飲食店や食品製造関係は特にそうですね。

一方で海外に輸出して大儲けしている企業もあります。理由は上で説明した通り。
実に上場企業の1/3が過去最高益を出しています。資源不足(=資源高)で需要も上がる。特にエネルギー関連もそのうちのひとつ。精製した石油とかね。”過去最高益”ってウソでしょ、って思いますがマジです。

石油元売り、2社が最高益 9月中間、資源高と円安で(共同通信) – Yahoo!ニュース

 

じゃなんで景気良くならないの?

簡単に言うとさっきの1/3の企業だけだから。残りの2/3は大損してます。
海外にモノを売って儲けている企業も今はまだ円に換金せずに内部保留している会社も多い。もちろんその稼いだ外貨をいますぐ円に買えたら結構な増益になる。でもしないんです。今度の決算期にどうするかが見ものです。海外が好調ならこのまま続ける、今がチャンス!もっと稼ごう、じゃ海外投資しよう。国内にはお金が戻ってこない、これ。一旦円も戻すとまた高いお金で投資しないといけないからね。

プラント業界では?

プラントの枠で考えると、海外の資材を購入し国内で設計し国内で建設するのが一番キツい。給与が上がる見込みは・・・あまり無いです。海外向け企業はまだ比較的良いかも知れませんが、会社の運営方針次第かもですね。儲けたお金を従業員に還元してくれる企業ならいいのですが、ひょっとしたら海外に拠点を置くエンジニアリング会社は、よりそこへの投資、増員するほうが優先と考えているかも知れません。

世界中でエネルギー需要が拡大しているのは我々の業界にとって追い風なのは確か。ただ国内で人を雇うことはリスクで、海外資材の高騰も日本円で払うのもリスク。

単純に、今まで1億円で出来ていたプラントが1億5千万円掛かるということなので、そりゃ給料上げてる場合じゃないってなるよね。

需要も増えてきたけど全然儲からない、これが今です。

タケ
タケ

ではまた。

Sponsored Links
AD:プラント特区
バナー広告募集中
ABOUT ME
タケ
タケ
元プラントエンジニア
電気EPC技師として国内・海外を20年間飛びまわる。働く環境づくりやリクルーティングテクニックに興味を持ち、人材派遣会社のマネージャー職に転身。その後、エンジニア採用や企業広報を支援すべく起業。業界内の新しい価値を生み出すためのプロジェクトとして本ブログ『プラント百景』や転職サイト『プラント特区』を手掛ける。
記事URLをコピーしました